【転勤妻の現実】キャリアを積むにはどうしたらいい?

make a job [仕事をつくる]

転勤妻はどう仕事をする?

慣れてきた頃に移動だし、子供がいたらなおさら仕事は選べない・・。

転勤妻でもやっぱりキャリアを積んでいきたい!

転勤妻の現実と私のキャリアの積み方をまとめました。

転勤妻の現実

長女が1歳半ぐらいのころ、初めての転勤がありました。

独身時代も転職したり、引っ越ししたり、割と思うがままに生きていたので環境がかわる事へのネガティブな気持ちはあまりありませんでした。

長女を連れて子育て支援センターに頻繁に遊びに行くうちにママ友が出来ました。

5人ぐらいのグループでしたが、見事にみんな転勤族!

類は友を呼ぶってやつですね。

2人目を出産したあたりから、みんな再就職について考え出しました。

転勤があるからタイミングも難しいし、出産前までの業種に戻ることを考える人は少なかったように思います。

子どもを産んで働き方が大きく変わるとなれば、やっぱり難しいですよね。

パートタイムを前提としてその中から仕事を探すしかないと思うのが王道だと思います。

私も次女を産んだ後、急に思考が仕事に向いて少しずつ働く準備をしていこうかなと考え始めました。

私のキャリアの積み方

私は長女が4歳、次女が6か月のころに事業を始めました。

業種は「製造小売業」で、私が作ったオリジナル商品を全国のカフェやセレクトショップ、美容室などに販売してもらう仕事です。

フリーランスに多い、webデザイナーやライターなどの仕事ほど身軽ではないけれど、移動しても続けていけるのではと考えました。

それは小売店に発送して販売するスタイルなので、作っている場所が変わってもそれほど問題にならないからです。

そして最も大切なのはweb上でニーズを探す事

実店舗では地域のお客さまがメインになるけど、移動してしまったらそれまでのお客さまには販売することが出来なくなります。

でもお客さまが全国にいたら?

それまでと変わらぬサービスを提供することが出来ると考えました。(これがキャリアになる!)

今ではすっかり当たり前になりましたが、SNSの普及がなければ私の商売は全く成り立たなかったと思います。

昨年からのコロナ禍で人々が動けなくなっても変わらぬ商売を続けることが出来たのもこのスタイルだったからだと思います。

転勤族で「店舗を持てない」というマイナス面をプラスに変えることが出来たのです。

こういう話をすると「得意なことがあっていいなー」なんて言われることが多いけど、

これに関しては「やるか or やらないか」だけです!

多分起業しているほとんどの人がそう言うんじゃないかなー。

やりたいと思って行動すれば上手くいってもいかなくても、必ず何か変わる。

初めからゴールの穴が見えている人はいないと思います。

少しずつ歩き出すからゴールの穴が見えてくるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私、実は全然パソコン得意じゃありません!

WORDPRESSを使ってこのサイトを作るのに、何度徹夜をしたことか!笑

一晩 朝まで頑張って、やっとインストール出来た!

一晩 朝まで頑張って、やっと写真を入れられた!

一晩 朝まで頑張ってやっと記事を書き始めた!

そんなレベルですよ!!

「やるか or やらないか」

これが全てだと思います!

comment