【子育て本紹介】子どもに伝えたい16の価値観

Become president [娘を社長にする子育て]

「子どもに伝えたい16の価値観」

親向けの本だけど、小学三年生の長女も興味を持って読んでいました。

親子でいろいろな価値観について語り合う良いきっかけになる本です。

この本の概要

2,3歳から10歳ぐらいまでの子どもに、さまざまな価値観を伝えるにはどうすればよいのかを考えるための本です。

具体的に「子どもにどのように伝えたらよいか。」「大人としてどんなことを考えればいいのか。」また「どんなことを子どもと一緒に話し合えばいいのか。」「どんな遊びや活動をすればいいのか。」などに分かれて書かれていて実践するためのヒントがわかりやすくまとまっています。

子どもに伝えたい16の価値観

コンテンツは以下の16個

  • 「思いやり」・・相手がしてほしいことをしてあげること
  • 「協力」・・力を合わせて取り組むこと
  • 「勇気」・・恐れず困難に立ち向かうこと
  • 「信念」・・信じたことをやり通すこと
  • 「公平」・・人やものごとを平等に扱うこと
  • 「人助け」・・積極的に人の力になってあげること
  • 「誠実」・・正直で、素直であること
  • 「ユーモア」・・笑いで人生に潤いを与えること
  • 「自立」・・人に頼らず自分の力を自由に発揮すること
  • 「忠誠心」・・理想の為に献身的に尽くすこと
  • 「忍耐」・・辛抱強く落ち着いて待つこと
  • 「誇り」・・自分が自分であることに喜びを感じること
  • 「機転」・・新しい方法を生み出すこと
  • 「尊敬」・・相手のよさを理解して敬意を払うこと
  • 「責任感」・・自分のとった行動に最後まで対応すること
  • 「寛容」・・違いを受け入れその良さを理解すること

読んだ感想

大きめの字で優しくわかりやすい説明で書いてあるので、言葉の意味などはそのまま読んで子どもと共有することが出来ます。

また、すべての年齢の子に共通して行えることと、小学生以上の子にむけて行えることがわかれていて、年齢に合わせた楽しみ方が出来るようになっています。

全て大切な項目で時間がある限り伝えたいことばかりだけど、

私が今いちばん必要だなと感じるのは「寛容」。

人を許す気持ちってとても大切だけど、現代ではテレビやSNSで失敗した人を叩いてばかり。

大人がそんな事をやってる時代。

子どもにはきちんとそれは「間違っていること」として教えてあげないと、どんどん生きにくい世の中になってしまいますね。

大人も学ぶことが多かった1冊。

ぜひ親子で語り合う時間に利用してみて欲しいです。

「ママってお金持ちになりたいの?」目的と目標と手段の話
目的と目標と手段の話。 子どもたちに伝えたい事。

comment