【簡単】脱落しない家計簿術

asset management [資産運用]

「家計簿って大事だよね」

わかってはいるけど、なかなか難しい・・。

新しいノート買ったり、アプリ入れたり、初めは気合十分なんだけど なぜだか続かない家計簿。

私も幾度となく脱落してきましたが、これは便利!使える!簡単!ってものを紹介します。

忙しい母に家計簿ノートに向かう時間はない!簡単便利なアプリにしよう!

おすすめしたいのは「マネーフォワードME」という家計簿アプリです。

私も1年以上このアプリを使っていますが、とにかく簡単便利!

脱落せずに使っています。

いやもっと言ってしまえば、脱落してもいいんです!

勝手にアプリがやってくれてるから!

そんな最新家計簿アプリ「マネーフォワードME」を詳しくみていきましょう。

マネーフォワードMEでできること

毎日のお金の流れを自動で見える化

電子マネーやクレジットカード、銀行引き落としなどを全部紐づけ出来て自動で仕分けもやってくれちゃうすぐれもの!

あとは現金で支払いをしたものだけを手動で入力する(レシート撮影機能もあり)だけで、家計簿はもう完成です!

見やすい円グラフに綺麗にまとめてくれて、何にどれぐらい使ったか一目瞭然。

私は最近ほとんど現金は使わず、どうしても現金じゃなければいけないもの(月に2,3件)だけを手動で入力しているので、ほとんど労力は使わずに家計管理をしています。

「脱落しちゃってもいいよ~」っていうのはこういう事で、初めの紐づけだけしておけば あとはほとんどやってくれているから、手入力を忘れても、アプリを1か月開いていなくても、いたいは把握できる。

忙しい人こそ頼っちゃいましょう!

家計の管理や改善サポートもしてくれる

銀行の残高不足やクレカの使い過ぎなどをお知らせしてくれたり、クレカの次回引き落とし金額情報も見ることができます。

そして予算機能を使って今月使える金額を設定・チェックもできるし、資産状況も紐づければ分析レポートをしてくれます。

オリジナルにカスタマイズする事で効率UP

さらに使いやすいところは仕分け項目を自分のオリジナルに変える事ができるところ。

最初の設定のように細かく項目分けしてもいいし、私は大きくザックリと把握したいので固定費は固定費、変動費は変動費としてまとめています。

例えば「固定費」はほとんど毎月の金額が変わらないから、まとめて「住宅」の項目に入れてしまう。(水道、電気などの光熱費や保険料、毎月払っているサービス)

「食費」は食材費と外食(お取り寄せ、持ち帰り含む)の2つに分ける。

すると「今月はお取り寄せしすぎたなー」っていうのがすぐにわかるのです。

次は「変動費」。日用品や衣類、お出かけに使った費用やガソリン代など。

最後は「特別な出費」に友人などへの贈り物や特別にかかったお金(車検)などをいれます。

すると大きく4色になり、すっきり見やすい円グラフになります。

マネーフォワードまとめ

「支出」を把握することは家計だけじゃなく、事業をする時もとても大切な作業です。

常に自分で管理するのは大変だし時間もかかってしまうので、管理できるシステムを活用してしっかり把握しておきたいものです。

無料ではじめられるアプリなのでぜひお試ししてみて下さい。

comment